ウミトカゼ 湘南の海と風の日記帳

湘南ひらつかの海の近くに移住した40代の子育てパパのブログ。暮らし、教育、グルメ、少年サッカー、子育て、旅行、ウインドサーフィン、音楽、ツイッター話題などいろいろ。相互リンク募集中です。


スポンサードリンク





    トップページ記事一覧
    卒業証書をもらう夢を見ました
    鎌倉高校前の七里ヶ浜の海を眺めながら
    火事の夢を見ました
    丸の内のコットンクラブで伝説のアルバート・リー&クリス・ファローのコンサート
    昨日見たお寿司の夢、その意味を夢占いで調べてみました
    フジロック2016の生演奏に胸が熱くなって気づいた魂の叫び
    ちよだ鮨のめちゃくちゃいい色をした夢のマグロの握り寿司
    フジロックでJames Blakeなう
    桃浜町にて7kmの限界点
    これって不良品かな?
    子供への教え方について
    トレセンのユニフォームが来た日、息子に熱く想ったこと
    自宅の庭では花が咲いてます
    スニーカーにありがとう
    A型看板第二号!!
    自宅の唐揚げが一番美味しいですね
    ぶらり桜木町へ・・暑いのにラーメン食べました
    小田原最強、まる星ラーメンでスープを全部飲んでごちそうさまでした
    平塚七夕祭りの二日目、南口駅前もにぎやかに
    中学受験する目の死んだ子供たちを見てきて思ったこと


    全体の記事はこちらのカテゴリーよりどうぞ。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    卒業証書をもらう夢を見ました。

    そして、テーブルに私以外に三人、
    知っている人…

    誰だっけなぁ?

    が出てきました。

    しかし、

    私が卒業証書を落としたら、
    踏まれて足跡が付いてしまったのです。 【卒業証書をもらう夢を見ました】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    鎌倉高校前駅の七里ヶ浜の海は、
    台風の影響でいい波が
    入ってきています。

    腰くらいの波かな?
    サーファーがたくさん。

    image


    私もサーフィンしたいけど、
    これから釜利谷にある
    関東学院大学のグランドへ
    息子のサッカーの応援に行ってきます。
    【鎌倉高校前の七里ヶ浜の海を眺めながら】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    火事の夢を見ました。

    鮮明だったなぁ〜

    木の倉庫の中で、

    炎がメラメラと燃えていました。

    オレンジか赤かという、

    少し透き通った炎で

    丸い形をしていました。

    今でも鮮明に覚えています。 【火事の夢を見ました】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    丸の内のコットンクラブで
    伝説のアーティストのコンサートを観ました。

    アーティストは

    ALBERT LEE
    with special guest CHRIS FARLOWE

    です。

    image


    久しぶりの東京駅です。

    都内へ来ると、何かすっきりします。

    とてもいいですね。
    【丸の内のコットンクラブで伝説のアルバート・リー&クリス・ファローのコンサート】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    昨日はお寿司の夢を見ました。

    気になって、夢について色々調べてみますと、
    お鮨の夢って案外いい夢みたいです。

    夢占いでは、

    お寿司屋さんに既に居る夢を見たのなら、夢占いでは貴方と様々なものの縁が結ばれる事を意味する吉夢となります。

    とのことです。

    ”夢占い”寿司が出てくる7つの意味とは
    http://spirituabreath.com/yumeuranai-sushi-2521.html

    【昨日見たお寿司の夢、その意味を夢占いで調べてみました】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    image


    フジロック、楽しかった!!

    フジロックで苗場まで行ってきました。

    やはり生で音楽を聴けることはとても幸せですね。

    知らないアーティストとの出会いや、
    絶対にライブなんかじゃ聴けないような
    静かでマニアックなアーティストのライブとか・・

    ちょっと眠くなっちゃったけど、
    あの苗場スキー場の草原で壮大なステージで、
    夜空のもと、思いっきり音楽を聴けたことは最高でした。

    【フジロック2016の生演奏に胸が熱くなって気づいた魂の叫び】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    image


    妻と野原を歩いていたら、ちよだ鮨の小屋がありました。

    外からのぞくと、親父さんが寝てました。

    もう、ランチタイムが終わったのかな・・と

    店内を見ると、な、な、なーんと、

    すごく良い色のマグロの握りがたくさん握ってありました。

    ものすごく美味しそうだったので、中に入り、注文して食べようとしました。
    【ちよだ鮨のめちゃくちゃいい色をした夢のマグロの握り寿司】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    今日は暑かったですねー。
    桃浜町を7kmふらついていました。

    最初はこの暑さ、慣れてしまったら大丈夫!
    と思って水分をまめに取りながら
    行動そていたんですが、
    ちょうど6kmを超えたところで急にキマシタ!!
    【桃浜町にて7kmの限界点】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ネットでイスを注文しました。

    組み立てようとしたら、

    裏側ですが、

    ものすごい傷が・・・

    【これって不良品かな?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    もう一度、投稿。

    image


    やっぱり子供の将来を思うなら、親として「頭を使って考える人」になって欲しいと考えます。なぜなら、考える人の方が考えない人よりも、優位に立てるし、未来が明るい、自分の人生を切り開いていける力を持っていると考えるからです。

    以前、都内の代々木ゼミナールで難関中学受験生を対象に中学グリーン講座の理科を教えてたときのことです。ある分野の内容を教えるためには、どうしても暗記に頼らざるを得ないな、と実感しました。なぜかというと、その内容を教えるためには、多くの背景があり小学生に説明いていると何時間もかかってしまうからです。入学試験で正解するためには「はいこうですよ!」と教えてしまうしかないからです。私はその背景全てを教えたかったのですが、とても厳しいものがありました。しかし、目標が合格ですから、理論もへったくりもなく、これはこうなる、と、子供たちにそう伝えるしか仕方なかった、という苦い思い出があります。

    私は何をそんなところで苦しんでいるのだろう?合格するためには、どんどん進めてしまえばいいではないか、というやり方もあるということはわかっていますが、こういう受験のような人生でも大事な瞬間を暗記でクリアできてしまう入試内容って何なんだろう、と思ってしまいます。

    受験勉強はとても大切ですが、そればかりやっていると、暗記のクセがついてしまい、考える能力がなくなってしまうわけです。
    【子供への教え方について】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    image


    今日は蒸し暑い夜ですね。

    息子のサッカーのトレセンの練習で向かいに来ました。

    行ったら汗びっしょりでミニゲームをやっていました。

    遠くから見たら、うちの息子はなんか息子でないような感じでした。

    たくましくなりましたね! 【トレセンのユニフォームが来た日、息子に熱く想ったこと】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    小田原へ行ったら、

    まる星ラーメンを食べなければ!

    ということで、FAリーグの試合の後、

    まる星ラーメンへ行ってきました。

    image

    【小田原最強、まる星ラーメンでスープを全部飲んでごちそうさまでした】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    平塚七夕祭りの二日目。

    南口駅前もにぎやかですね。

    image


    人の行き来がたくさんあります。

    日曜日の最終日は、

    早く終わってしまうので、

    たくさん楽しむなら、二日目の土曜日ですね。 【平塚七夕祭りの二日目、南口駅前もにぎやかに】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    image


    これまで私立中学校や高校で仕事をしてきて、入試は毎年ありますから、そこで試験監督をしてきました。入試当日って校門の前に塾の先生やスタッフやらがずらりと並びます。こういう応援?応援になっていないと思いますけどね・・毎年毎年、エスカレートして、すごい人数ですが、それを見て「・・・・・・・」と思いますね。

    さて、中学受験では小学校6年生が受験生なので、小学生を見ることになります。けど、色々な小学生がいるなぁ、と思います。

    そこで私が、これはまずい、と思ったのが、

    まだ小学生なのに疲れ切ってしまっている子供

    です。

    小学生の目はキラキラしていますが、その輝きが全くないのです。曇ってしまっているというか表情もないんですね。特に私立難関校に勤めていた時は、そう思いました。受験生の多くの子が塾の青いバッグを背負ってきて受験していましたが・・とっても異様な光景でした。小学生なのに、こんなんで、いいのかよ、いや、絶対にいけないよな、と思いました。

    やはり、中学受験する子は、大手の塾に通い、週に何日も1日3時間、4時間も勉強するわけです。そこまで勉強すればある程度は成績が伸びるのが当たり前です。しかし、本人が嫌になってしまったら、そこで成績は頭打ちになり下がります。一生懸命な塾通いは悪循環になってしまうリスクもあるのです。しかし、それをまたカバーするために勉強するわけです。

    【中学受験する目の死んだ子供たちを見てきて思ったこと】の続きを読む

    このページのトップヘ