草津、かぐらと今シーズンのスノボーライフは、
順調な滑り出しをしたのだが、不安要素は、
道具の劣化である。

よく考えてみれば、スノボーの板やブーツ、
ウエアを買ったのは、もう6年前になる。
自分の記憶の中では新しいのだが、
他の人から見れば、
かなり古い道具になってしまっている。

まだ十分使えそうだから、いいのだが、
確実に劣化している道具がある。
それは、ゴーグルである。



特にゴーグルのスポンジ部分が剥離して
はがれてしまっている場合がある。

私の愛用しているオークリー(オークレー?)の
ゴーグルは剥がれてしまっていて、
修理が必要であった。

とりあえず剥離部分を「セメダインX」で接着して、
使えるようになったのだが、
レンズのほうも劣化しているようで曇ってしまっていた。

ということで、ゴーグル購入・・・となった。

とりあえず、近くのロヂャースへ行ったが、
なんとオークリーのゴーグルが
Aフレーム、Oフレームともに3990円であった。
なんという安さだ!と驚いた。

オークレーのゴーグルの価格を楽天でチェック

やっぱり世界のディスカウントスーパーロヂャース!
けど何かのカラクリがあるのかな?

ゴーグルはやはり消耗品と考えてよいのでは?
と思います。

私はオークレーのOフレームが顔に合うので愛用していますが、
こだわらなければ、ネットなどで安価で入手できます。



古いのを直して使ったりレンズだけ交換したりしないで、
新しいのを買うのをおすすめします。

御茶ノ水(神田)のスノボーショップマニュアルはこちらから。