ブログネタ
ごく普通の日記 に参加中!
今、ちょうどテストシーズンで今採点をやっていた。
その途中、ふと思いついてこのブログを書いている。

さて、今テストの採点で僕が使っていた赤ペンは
下の写真の中でどれでしょう?




答えはあとで・・・

ということで、、

テストの採点のときに使われる
代表的な赤ペンを並べてみた。

上の写真参照。

左から、ボールペン、水性サインペン、
赤鉛筆、ゲルインクのボールペンです。

これら各赤ペンの特徴はというと・・

1.ボールペン
普通のボールペンは定番で気軽に使えますが、
何枚も採点をしていると先端に紙の繊維がくっついてしまい、
インク詰まりを起こすので、
その度、他の紙に書いてインクの出をスムーズにすることが必要です。

ちょっと手間がかかります。

また、欠点が一つ。

だいたいテストは重ねて受けから採点するので、
強く書くと下の答案にマル、バツや点数などが映ってしまいます。

採点がとなりの人にバレてしまうという心配があります。

替芯があるのでコストでは一番だと思います。





2.水性サインペン
書き味がよくてとても滑らかです。
ボールペンとは違って軽く書けるので、下の答案に跡が残ることもありません。
とても気分よく採点できます。
また、字が太く書けるのでマルかバツかがはっきりしますね。
それが良いところです。
しかし、インクの減りはちょっと早いように思えます。

3.色鉛筆
これは古くからありますが、
字も太くて書いてみると何とも言えない懐かしい雰囲気で、
あ、採点されたんだな、と一目で分かります。
ある意味、書きやすいし、書くと存在感あるし、
最強かもしれません。
ただ、今はあまり使われていませんね。
僕も実際のところこれで採点したことはありません。

4.ゲルインクのボールペン
1のボールペンのような感じで書き味がよくて見栄えも良いですね。

しかし、どうなんでしょう?

1と2の間に位置されるものではないかと思います。

使っているとやはり少しは詰まってしまう場合があるようですね。

また、インクが全部なくなるまでスムーズに書ければいいのですが、
少し古くなると全物使い切る前に書けなくなってしまう。

【結果】

ということで、僕はだいたい、1か2を使います。

コストパフォーマンスなら1、
書き味や生徒のプライバシーを考えれば2ですね。

また、今日使っていたのは、2でした。

僕的に最強は、2かなぁ。

最近ほとんど、これですね〜。

インクが少なくなってくると新しいものと交換します。

最初の書き始めよりも、馴染んできた時の
途中の時が最高に使いやすいんですね。

そしてこのペンて定番中の定番で、
昔からあるようですね。

けどこういう定番モノって、
あらためてすごいなと思いますね〜。

いゃ〜

採点も楽しまなきゃね〜!!