IMG_1139


今日のビーチパークは台風の影響で波が高い。しかもダンパー状態でした。

それ見てオレ、

「やべー・・・」

少しの間、砂浜に立って海を見てました。


ダンパーとは、壁のようになった波が一気に崩れるコンディションのことです。こういう波は基本的にライディングできません。サーフィンは波が崩れていく時の波の斜面を乗ります。しかし、このダンパーでは、波が高くなって直角に近い壁になり一気に崩れますから、乗れる波の斜面なんてありません。ダンパーを乗りこなすジャンキーはいるそうですが、あくまでもノーマルなサーファーの話です。

ダンパーの説明でしたが、こんな危険な状態じゃ無理です。行ってみると、天気は超いい、波はあるのに、エントリーしている人は5人位。サーファーは今日の状態がいかに危険かわかっています。

とはいえ・・・





私は来ていながら1度も海に入らないのはもったいないじゃないですか。だから入りました。沖に出ていくタイミングも重要で、特にダンパーでロングボードだと波超えが非常に難しいです。途中で巻かれて、ボードと波でぐしゃぐしゃになって浜に戻されます。今回はそんなことはなく、部屋の天井くらいの波も運よくクリアして沖に出ました。けど、やっぱりダメです。うねりが来るのですがなかなか崩れないです。急に深くなる平塚の海ではダンパーになってしまいます。

試しに乗ろうとしても崩れなく乗れません。そして、待っていたら良さ気な波が来ました。パドリングしてテイクオフしました。そしたら一気に崩れ落ち波でぐしゃぐしゃになりました。やっぱり今日のコンディションは厳しいです。結局なんだかんだで1時間粘りましたが、ちゃんと乗れた波はなく、巻かれてばかりでした。とりあえずこういう日は、あんまり無理せず、(すでに無理しましたが)怪我がなかったことに感謝することです。

けどね、オレは海と一緒になれただけでも最高。沖に出て行って、波待ちしているだけでも幸せ感じます。ああ、おれは今、海の上にいるんだな、と思い、それで本当に幸せです。

自転車こいで家に帰りました。まだオレ生きているな・・そう感じることができただけでも、とてもよいサーフィン・デイでした。